エクストリーム妄想2: 神沢その

img20150801191723

    icon-adn 条件

  1. 比較的良い学園に通っているが、親からもらえるお小遣いの量に不満がある。
  2. アルバイトが校則で禁止されているが、アルバイトをしている様子を幼なじみの主人公に目撃されてしまう。
  3. 幼なじみはメイド趣味があり、周りに黙っていることを条件に、メイド服の姿を見せてほしいと迫られてしまう。

う! 全然違う! こいつは開口一番そういった。私がメイド喫茶で働いているのを、こいつに見つかったのが事の発端「学校に告げ口されたく無ければ、今度俺の家でメイドの格好してよ」と言われ、無理を言ってお店の衣装を借りてきたのに!(しかも一番カワイイやつ! )
「え、えっと何を怒ってるの?」  そう聞くと、重々しい口調でこう続ける「いいか……メイドっていうのはな、そんな派手でフリフリでピンク色な格好でご主人様に媚びるような格好はしないんだ!!  茶色いロングスカートに、純白のエプロンがメイドってやつだ。良いか? それじゃあおまえはまるで風俗嬢だぞ?」
あきれてしまった。あきれ果ててしまった。いいや、それがこいつなのかなぁ……。

  編集後記

よくよく考えると幼なじみの女性って少ないですし、ゲームみたいな展開になることってまず無いですよね。近所に住んでいて仲の良かった女の子も中学でクラスが分かれたら疎遠になって、彼氏ができたとかって聞いて心の中でほんのり嫉妬したことを覚えています。そういえば、最近夢に出てきたんですよね(本当)元気にしているのでしょうか。あんまり考えたくないです。

のぞむ

のぞむ について

最近は人生何をしたいのか。何がしたかったのかがわからなくなってしまい路頭に迷っています。たぶん働きたくないんだよね。

コメントを残す